活動報告

ニュース

若者の声 実現の原動力 ユーストークで国重氏 「子育てプラン」全力で推進

2022年12月24日付 公明新聞より転載

公明党の国重徹青年委員長(衆院議員)は22日、東京都新宿区の党本部で行われたユーストークミーティングに出席し、都内に住む青年から政治への要望などを聴いた。

冒頭、国重氏はユーストークミーティングや政策アンケート運動「ボイス・アクション」を通じて若者の声を政治に届けてきた党青年委の活動を紹介。幼児教育・保育の無償化や働き方改革など「若者の声が原動力となって、多くの政策を実現できた」と強調した。

その後の懇談会では、2児を育てる30代男性が子育て世帯への負担軽減を訴え、安心して子どもを産み育てられる環境整備を要望。生活支援員の20代女性は「働きながら資格を取得するための支援を厚くしてほしい」と述べるとともに、奨学金返還支援の充実を求めた。このほか、男女間の不平等解消や非正規雇用者の処遇改善などを訴える声も上がった。

国重氏は、11月に発表した党の「子育て応援トータルプラン」に触れながら、「日本の将来を担う若者が希望を持てる社会の実現に全力で取り組んでいく」と語った。

 

ツイッター

PAGE TOP