地元実績

南海トラフ地震に備えて 堤防の耐震化を実現

2013年10月、大阪府が南海トラフ地震の被害想定を発表しました。

地震発生からわずか10分で、大阪市内10カ所の堤防が強い揺れで液状化し決壊し、

津波による浸水が市域全体の約3分の1に及ぶ。

特に神崎川と左門渡川との中州にある「西淀川区佃地域」では、

人口約1万6000人(当時)のうち、最大約1万3000人もの命が奪われる、

との衝撃的な内容でした。

 

この発表を受け、国重はすぐに地元議員と連携。

2014年1月には、太田昭宏国土交通大臣(当時)のもとへ直談判に行き、

人命を最優先に、一日も早く堤防の工事を実現するよう強く訴えました。

その結果、国も重く受け止めて、

「最緊急個所は3年、緊急個所は5年で工事が完了」

するよう、約400億円の予算確保を実現。

2019年3月には佃地域の堤防工事を完成させることができました。

〔参考リンク〕

国重とおる 活動報告「太田国土交通大臣に予算措置の要望を行いました。」(2014/01/22)

太田国土交通大臣に予算措置の要望を行いました。 | 国重とおる(衆議院 大阪5区) 公式ウェブサイト (kunishige-toru.com)

 

(更新日2023/11/26)

PAGE TOP