活動報告

ニュース

危機乗り越え未来開く 党大阪府本部新春年賀会

2023年1月12日付公明新聞より転載

技術革新で成長力養う
山口代表 賃上げ継続、子育てを応援
統一選勝利へ 大阪で集い

公明党の山口那津男代表は10日に京都、11日に大阪、奈良、和歌山の各府県本部の新春の集いに相次いで出席し、「危機を乗り越え、未来を切り開く改革を生活現場から推し進めていく」と述べ、4月の統一地方選の勝利へ支援を訴えた。

大阪市内で開かれた党大阪府本部(代表=石川博崇参院議員)の年賀会で山口代表は、物価高騰対策の一つとして賃上げを挙げ「持続的に維持できるよう、経済成長の力を養っていく」と力説。2025年大阪・関西万博を当面の目標に据え、デジタル化や脱炭素化に向けた技術革新を生み出し「成長力を大いに育て、花開かせていきたい」と述べた。

また、公明党の「子育て応援トータルプラン」に触れ、同プランを先行実施する形で、妊娠期からの伴走型相談支援と妊娠・出産時に計10万円相当を給付する経済的支援をパッケージで推進していく担い手は地方自治体であり、地方議員の役割が重要だと指摘。「国に声を届け、国で作った施策をくまなく浸透させていく。その双方向のネットワークの力の基となるのが公明党の地方議員だ」と述べた。

会合では、石川府代表が統一選前半戦に挑む予定候補者を紹介。北側一雄副代表、来賓として自民党の宗清皇一府連会長、大阪府市長会の野田義和会長(東大阪市長)らがあいさつした。

 

ツイッター

PAGE TOP