活動報告

ニュース

デジタル活用、高齢者も           党総務部会「スマホ教室」を視察

国重とおるツイッターより

力を入れてきた「デジタル活用支援」。携帯ショップのソフトバンク蒲田で、その実際の取組みを視察。 スマホアドバイザーの説明が、親身でとてもわかりやすい。販売にはかかわらず、スマホ教室一本。 誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化のため、極めて重要な取組み。

>>外部リンク デジタル活用支援推進事業

2021年6月23日付 公明新聞より転載

公明党総務部会の国重徹部会長(衆院議員)と若松謙維部会長代理(参院議員)は22日、都内の携帯ショップ「ソフトバンク蒲田」を訪れ、ソフトバンク株式会社が総務省から受託した「利用者向けデジタル活用支援推進事業」を視察した。

同社は、デジタル活用に不安のある高齢者らを対象に、スマートフォンを活用した行政手続きなどを支援する「スマホ教室」を全国1050の携帯ショップ、約1200人の専任スタッフで実施。この日は、マイナンバーカードの個人向けサイト「マイナポータル」の活用方法についてスタッフが分かりやすく説明し、受講者は熱心にメモを取っていた。視察後、国重氏は「デジタル社会実現へ事業を周知していきたい」と述べた。

>外部リンクデジタル活用、高齢者も

 

ツイッター

PAGE TOP