活動報告

ニュース

こどもマニフェスト発表 未来担う世代を全力応援

2021年10月16日付 公明新聞より転載

新しい時代を担う子どもたちに、公明党の政策や約束を伝えたい――。15日に党本部で行われた報道各社のインタビューの席上、山口那津男代表は、子ども向けに党の政策を分かりやすくまとめた「こども・子育てマニフェスト2021」を発表した。

こどもマニフェストは、12年の衆院選以降、国政選挙などに合わせて作成しており、今回の衆院選で8回目。全ての漢字に読み仮名を振り、イラストを多く用いるなどして、柔らかいタッチで幅広い世代が親しみやすいよう工夫している。

内容は、▽公明党ってどういう政党?▽教育・学校生活▽出産・子育て支援、安心の医療▽地域、社会の安全・安心▽くらしを豊かに、経済を元気に▽世界の平和、日本の未来――。公明党は、教育・子育て支援を「国の政策の柱に」と掲げており、子どもや保護者の関心も高いことから、その分野の解説を充実させた。

山口代表は、選挙権が18歳以上に引き下げられたことに触れ、「子どもたち自身が政治でどう取り上げられ、未来がどうなっていくか、関心と理解を持ってもらえれば」と期待を寄せた。

>>外部リンク こども・子育て マニフェスト

 

ツイッター

PAGE TOP