活動報告

ニュース

【10万円給付】差し押さえ禁止 党合同会議で法案了承

【12月14日付 公明新聞より】

公明党の内閣部会(部会長=国重徹衆議院議員)と経済対策の給付金等執行推進本部(本部長=石井啓一幹事長)は13日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、2021年度補正予算案などで実施する政府の各種給付金を債権者が差し押さえることを禁止するための法案(議員立法)を審査し、了承した。

対象は18歳以下(高校3年生まで)への10万円相当の給付と、住民税非課税世帯などに対する10万円の臨時特別給付金。席上、国重部会長は「対象者自身が受け取ることに意味のある給付であり、差し押さえを禁止する必要がある」と指摘し、今国会での成立をめざす考えを強調した。

 

ツイッター

PAGE TOP