活動報告

ニュース

オンライン国会は可能            党憲法調 コロナ禍踏まえ宍戸教授

2021年6月2日付 公明新聞より転載

公明党憲法調査会(会長=北側一雄副代表)は1日、衆議院第2議員会館で、東京大学大学院法制学研究科の宍戸常寿教授の講演を聴いた。宍戸教授はコロナ禍を踏まえ、緊急事態における国会機能の維持に向け、本会議場に議員が出向かなくても出席とみなす「オンライン国会」を巡る議論の必要性を指摘した。

この中で宍戸教授は「憲法で規定している『出席』は議員の義務ではなく、定足数の要件としての文脈で用いられており、物理的な出席に限定されていないと解釈できる。オンライン国会は憲法上可能だ」との認識を示した。

さらに、デジタル技術の急速な進展と民主主義、人権の保障に関しても見解を述べた。

 

ツイッター

PAGE TOP