活動報告

ニュース

街頭で「携帯電話料金」引下げを促す改正法のご報告

(国重とおるフェイスブックより)

総務大臣政務官として担当した

「携帯電話料金」の引き下げを促す「電気通信事業法」の改正案が、先日10日に成立。

街頭でその報告をしたところ、通りがかりの方たちから様々なご意見、ご質問を頂きました。

 

「携帯電話料金」は、事前規制が撤廃され「市場競争」に委ねられています。

そして、現在の携帯電話市場は、大手3社が約9割のシェアを占める寡占的状況。

 

このようななか、購入する端末によって通信料金が異なるなど、

料金プランが利用者にわかりづらく、事業者やサービスをきちんと理解して比べることが難しい。

高額な違約金を伴う2年縛りなどで利用者を過度に囲い込む。

こういった現状があります。

 

今月10日に成立した「電気通信事業法」の改正案は、通信料金と端末代金の完全分離や、

期間拘束などの行き過ぎた囲い込みの是正のためのルールを整備するもの。

 

これによって、利用者が通信料金と端末代金それぞれを単独で比較、選択できるようになるなど、

公正な競争が促進され、料金の引下げが促されることが期待されます。

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック①

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック②

 

ツイッター

PAGE TOP