活動報告

ニュース

党性的指向と性自認に関するPT 団体より「LGBT平等法」制定求める署名受取る

<2021年3月25日付 公明新聞より転載>

性的指向による差別を禁止して 党PTに団体

公明党の性的指向と性自認に関するプロジェクトチームは24日、衆議院第1議員会館で、全国の当事者団体などでつくる「LGBT法連合会」と国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」から、性的指向を理由にした差別を禁止する「LGBT平等法」の制定を求める要請書と10万6250筆の署名を受け取った。

団体側は「オリンピック憲章は性的指向による差別の禁止をうたっており、開催国・日本の法整備を世界が注目している」と強調。谷合座長は「しっかり受け止める」と応じた。

 

ツイッター

PAGE TOP