トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
早稲田大学・政友会のフリーペーパーにインタビュー記事が掲載されました。

早稲田大学の最大級の政治サークルである「政友会」が発行する
フリーペーパー「BRIDGE」の2015年11月号にインタビュー記事が掲載されました。
pic20151125_005

地方創生や経済再生、財政再建、社会保障、女性議員の活躍についてなど、
「2020年のその先へ」として意見を述べています。

※記事全文はこちらからご覧ください。

>> [過去ニュース]早稲田大学・政友会の皆さんのインタビューを受けました。



選択的夫婦別姓に関する記事が掲載されました。

選択的夫婦別姓に関し、
公明党法務部会長としての見解を述べ、公明新聞に記事が掲載されました。

pic20140211_002
画像をクリックで記事を拡大 ↑
---------------------------------------------
pic20140211_002
画像をクリックで記事を拡大 ↑


(2015年11月25日付公明新聞より抜粋)

男女共同参画社会の形成を進める公明党は、
男女とも「多様な生き方」ができる社会をつくることが本当の意味で豊かな社会であると考えている。
そのためには家族法の改正も必要であり、これまでも選択的夫婦別姓の実現を積極的に訴えてきた。


(国重とおるフェイスブックより)

「選択的夫婦別姓」とは、
夫婦が同じ姓を名乗るか(同姓)、結婚前の姓を別々に名乗るか(別姓)を
自由に「選択」できる制度である。
必ず別姓にすべし!と強制するものではない。

世論は、情報によって大きく左右されたり、回答母体や設問の仕方等によって結果が変わりうるので、
世論調査の結果だけを絶対視することは危ういが、
選択的夫婦別姓の導入につき、内閣府の世論調査(2012年12月)では賛否が拮抗、
世代別でみると「若年層」に賛成の割合が高い。

政府は「女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦する」と高らかに宣言しているところ、
20〜50代の「働く既婚女性」を対象にした、日本経済新聞社の世論調査(本年3月)によると、
77%が選択的夫婦別姓に賛成している。

同制度の消極論からは「家族の一体感が弱まる」とか「家族制度が崩壊する」といった懸念の声があるが、
先の内閣府の世論調査によると、「家族の姓が違うと家族の一体感(きずな)が弱まると思う」が36.1%、
「一体感には影響がないと思う」が59.8%となっている。

男女共同参画社会の形成を進める公明党は、
男女とも「多様な生き方」ができる社会をつくることが本当の意味で豊かな社会であると考えている。
そのためには家族法の改正も必要であり、これまでも選択的夫婦別姓の実現を積極的に訴えてきた。

夫婦の姓について民法は、婚姻の際に「夫または妻の氏を称する」と規定し、
夫婦が平等に氏(姓)を選べる形にはなっている。

しかし、夫の姓を選択する夫婦が96.2%(2012年)という現実の中で妻の姓を選ぶには、
夫だけでなく親族の理解を得るために大変な努力が必要で、明らかに女性に不利に働いている。
男女共同参画社会では形だけの平等を乗り越えることが大事ではないか。

特に結婚で姓が変わることで自己喪失感に陥る人がいることも事実だ。
そうした人は少数かもしれないが、
人権の観点からは、そこにも思いをいたし、尊重する必要があると私は思う。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



選択的夫婦別姓などに関する勉強会を開催しました。

公明党 法務部会・女性委員会合同会議として、
選択的夫婦別姓や女性の再婚禁止期間の規定に関する勉強会を開催しました。
pic20151125_001



司法修習生への経済的支援に関する院内意見交換会で挨拶をしました。

日本弁護士連合会が主催する
「司法修習生への給費の実現と充実した司法修習に関する院内意見交換会」に参加し、
公明党の法務部会長として挨拶いたしました。
pic20151117_001



死因究明制度について日本法医学会よりヒアリングを行いました。

公明党 法務部会、死因究明等対策PT合同会議を開催し、
日本の死因究明制度の課題について、日本法医学会の皆様よりヒアリングを行いました。
pic20151116_001



奈良県北和総支部「青年ミーティング2015」に参加しました。

(国重とおるフェイスブックより)

20151114_001

奈良県北和総支部にて「青年ミーティング2015」を開催。

若者の皆さんが直面している課題、ギモンに感じているテーマを中心に、ざっくばらんな懇談会。

これからの日本、社会を背負っていく青年層の率直な意見を聞けるのは、本当にありがたいです。
参考になります。
こういった機会を徐々に増やしていきたいと思います。
皆さん、本当にありがとうございました!

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



消防士・救急救命士の皆さんと青年局とのジョブトークに参加しました。

(国重とおるフェイスブックより)

pic20151112_001

「消防士」「救急救命士」の皆さん(男性4名、女性1名)と党青年局とのジョブトーク。

「現場の意見をクローズアップして欲しいんです!」と、
リアルな現状、悩みを幾つも伺うことができた濃密な90分、非常に勉強になりました。
仕事に対する意識の高さに刺激を受けました。

救命士は傷病者を医師に引き継ぐまで、蘇生のための応急処置等をします。
その傷病者が寝たきりや回復の見込みがない高齢者であった場合、
家族から「もう何もせんといてくれ!」などと強く言われ、
職責との間で板挟み状態に陥ることもあるとのこと。

それでも救命士として最善の応急処置をするそうですが、
患者、家族と医師との間で、心肺停止状態になったときに蘇生を行わないことを事前に取り決める
「DNR」に関するガイドラインがないことも、現場の悩みを深めさせているようです。

この他にも様々なご意見を伺いました。
いのちを守るために日々尽力して下さっている皆さんが、
より力を発揮しやすいように、働きやすいように、課題解決に向けて団結して頑張っていきます。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック

>> [外部リンク]公明ニュース「消防士の職場環境整備」



文部科学大臣への申し入れに参加しました。

公明党 文部科学部会として、馳浩文部科学大臣に対し
・「教職員定数に関する決議」
・「国立大学法人運営費交付金等の基盤的経費の充実に関する決議」
・「平成28年度文部科学省予算に関する決議」
を申入れました。
pic20151111_001



党・法務部会を開催しました。

公明党 法務部会を開催し、
平成27年版犯罪白書(案)について法務省よりヒアリングを行いました。
pic20151105_001



弁政連との事業承継・事業再生に関する勉強会に出席しました。

公明党 青年委員会と弁護士政治連盟の勉強会に出席し、
企業の事業承継及び事業再生についてヒアリング、意見交換を行いました。
pic20151104_002

(国重とおるフェイスブックより)

売上不振で苦境にあえぐ中小企業の「事業再生」「事業承継」をテーマに、
党の青年委員会と弁護士政治連盟との勉強会を開催。

若手・中堅弁護士の方々から現状の課題とそれに関する建設的な意見を伺った後、
同僚議員から金融機関などで働いてきたそれぞれの経験に基づく意見が活発に飛び交う。
現場の声をもとに、課題解決に向け動いていきたい。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック




お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道 政務官活動

トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー