トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
大阪商工会議所・尾崎会頭と懇談しました。

大阪商工会議所・尾崎会頭が山口代表を訪問され、その懇談に同席しました。

pic20160210_002

---------------------------------------------
(2016年2月11日付公明新聞より引用)

公明党の山口那津男代表は10日、国会内で大阪商工会議所の尾崎裕会頭らと会い、懇談した。
石田祝稔政務調査会長、佐藤茂樹党大阪府本部代表(衆院議員)、
石川ひろたか参院議員(参院選予定候補=大阪選挙区)らが同席した。

席上、尾崎会頭は「ものづくり産業を元気にしていくため、公明党の力を貸してほしい」と要望。
これに対し、山口代表は「元気な大阪へ、ものづくり産業を支援していく」と応じた。



法務部会・女性委員会合同「選択的夫婦別氏制度」勉強会

(国重とおるフェイスブックより)

法務部会・女性委員会合同の「選択的夫婦別氏制度」に関する勉強会。
議論を深めていきます。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



衆院予算委員会「政治姿勢・政治とカネなど」に関する集中審議で質問。

(公明新聞より)

 衆院予算委員会は10日、「政治姿勢・政治とカネなど」に関する集中審議を行い、公明党の国重徹氏が質問した。
 国重氏は、閣僚を辞任した甘利明前経済再生担当相の「政治とカネ」の問題について、「全容がまだ明らかになっていない。調査を尽くして説明責任を果たすのは当然だ」と指摘。再発防止に向け、政治家が襟を正し、自浄作用を発揮すべきだと強調した。
 この中で国重氏は、「政治とカネ」をめぐる問題について、「いまだに後を絶たないのは遺憾だ。首相には、けじめをつけるためにリーダーシップを発揮してもらいたい」と訴えた。
 安倍晋三首相は、「閣僚が交代する事態を招いたことは国民に大変申し訳なく思っている」と述べた上で、「政治家の一人として姿勢を正して国民の負託に応えたい。政府、与党、野党の区別なく一人一人が自覚を持って、その責任を果たしていくことが大切だ」との見解を示した。
 また、国重氏は再発防止に向け、公明党が2009年11月に提出した政治資金規正法(政規法)の改正案に言及し、政治家の会計責任者に対する監督責任の強化を検討するよう提案。
 さらに「各党各会派、衆院として、議員や秘書に『政治とカネ』に関する法律の基本的知識などの研修を実施、充実させていくことが大事だ」と指摘した。
◯腐敗防止の法整備で首相――「中心担った公明に敬意」
 質問の中で国重氏は、公明党の「政治とカネ」の問題への対応について強調。「結党以来、政治腐敗は絶対に許さないという政治姿勢を貫いてきた。『大衆とともに』との立党精神に照らし、『政治とカネ』の問題には一貫して厳しい姿勢で取り組んできた」と述べた。
 その上で、粘り強い取り組みで「政治資金規正法」の改正や、「あっせん利得処罰法」「官製談合防止法」の制定・改正を主導してきたことを力説するとともに、「庶民の汗と涙が分かる政党・政治家はいないのかという切実な声。政治の原点を忘れてはいけない」と訴えた。
 これに対し、安倍首相は「いろいろな事案が発生し得られた教訓から、さまざまな改善の取り組みがなされてきた。その中で公明党が中心的な役割を担ってきたことに敬意を表したい」と答えた。

>> [外部リンク]公明党ニュース



2つのプロジェクトチーム(PT)の事務局長の任を拝命しました

(国重とおるフェイスブックより)


今月に入り、党内で新たに設置、改編された2つのプロジェクトチーム(PT)の事務局長の任を拝命しました。

一つは「児童の養子縁組あっせんにおける児童の保護等検討PT」。

座長は遠山清彦衆院議員。これまでも遠山議員らと勉強会をしてきましたが、民間の養子縁組あっせん機関の活動根拠となる法整備をより一層検討していきます。

もう一つは「性的指向と性自認に関するPT」。

座長は谷合正明参院議員。性的マイノリティ全般の課題を含め検討していきます。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



西脇で政治学習

(国重とおるフェイスブックより)

昨日は兵庫から帰阪後、此花で政治学習会。

今日は再び、先輩弁護士の「伊藤たかえ」さんが奮闘中の兵庫へ。夜は西脇で政治学習を担当。あたたかく迎えて頂き、感謝、感謝です。

「生活の最前線に立って、実社会に働いている人こそ、ほんとうの文学を体験したほんとうの時代人である。そして、そこから常に学び、表現の労をとるのがほんとうの文筆の人である」(吉川英治氏)

一昨日、昨日と、20人ほどの方たちからそれぞれのお話を伺いました。
勉強になります。
気が引き締まります。
皆さんに色々なことを教えて頂きながら、皆さんから学びながら、国政に邁進してまいります。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



理研・森田浩介 グループディレクター、大西卓哉 宇宙飛行士にお話を伺いました。

公明党 文部科学部会、科学技術委員会、宇宙の開発・利用委員会合同会議に出席し、

●113番元素の命名権取得について
  松本  紘  理化学研究所理事長
  森田 浩介 理化学研究所仁科加速器研究センター超重元素研究グループ グループディレクター

●国際宇宙ステーション長期滞在に向けて
  大西 卓哉 宇宙飛行士

よりお話を伺いました。

pic20160204_001

>> [外部リンク]公明ニュース「日本に夢と希望を」



此花区の節分祭に参加しました。

(国重とおるフェイスブックより)

pic20160203_003

此花区の節分祭。2会場に参加。

豆袋に景品引換券が入った豆まきは今年も大盛況。
これらの景品は地域の皆さんが持ち寄ったものです。

ちなみに節分の定番「巻き寿司の丸かぶり」。
実は、此花区の伝法(でんぽう)が発祥といわれています。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



視聴覚二重障害者福祉センター「すまいる」を訪問しました。

(国重とおるフェイスブックより)

pic20160203_002

「盲ろう者」の社会参加の切っ掛けとなるセンターへ。

盲ろう者の皆さんのコミュニケーション方法は「指点字」や「触手話」等ですが、
これらを通じ1時間半もお話を伺うことができました。

盲ろう者支援も様々な課題があります。継続的に丁寧に取組んでいきたいと思っています。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



大阪市役所を訪問しました。

(国重とおるフェイスブックより)

先日、区役所で聴き取った「ひとり親家庭」の支援の業務実態をもとに、
運用の全体像を把握すべく、大阪市こども青少年局でさらなるヒアリング。
より理解できるようになりました。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



年金取得者の「確定申告」の事前相談を視察しました。

(国重とおるフェイスブックより)

pic20160203_001

年金取得者の「確定申告」の事前相談を視察。

近畿税理士会の税理士の皆さんもこの相談を担当されています。
初日ということで順番待ちの長蛇の列。

その後、相談会場の西淀川区役所から場所を移し、
税理士の方7名と税制や社会保険、マイナンバー等について意見交換。
現場の実状を踏まえた貴重な意見で、大変参考になりました。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック




お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道 政務官活動

トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー