トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
ベルギー活動記録(その4) 欧州委員会、ベルギー経済省など訪問

(国重とおるフェイスブックより)

欧州委員会の司法・消費者総局や他総局、ベルギー経済省等を相次いで訪問。
準備してきた専門的な議論のほか、現地で垣間みた眉をひそめる事例を挙げての切り込んだ質問も。
率直な実り多い意見交換ができました。

この欧州委員会では、管理職の4割が女性。
司法・消費者総局にいたっては、管理職の男女比率は3:4。
女性の活躍が本当に目覚ましいです。

pic20160719_001

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ベルギー活動記録(その3) シリアの方との1枚

(国重とおるフェイスブックより)

さらりと春風のように心優しい気遣いをしてくれたシリアの方です。

pic20160718_003

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ベルギー活動記録(その2) ベルギー、EU情勢を学ぶ

(国重とおるフェイスブックより)

今年は、日本・ベルギー友好150周年。
ベルギー、EUの情勢につき、大使らから種々話を伺う。

日曜ということもあり、EUやNATOの本部があるブリュッセルから、一路、水の都ブルージュへ。

pic20160718_002

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ベルギー活動記録(その1) 最高裁判所

(国重とおるフェイスブックより)

ベルギーの最高裁判所。
威風堂々、迫力満点。ヨーロッパでも指折りの石の建築物です。
感嘆しながら階段を上ると、なんと落書きが。。。

pic20160718_001

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その7) ノルウェー出発

(国重とおるフェイスブックより)

片言のノルウェー語で、相手の表情が瞬時にほころぶ。
さらば、ノルウェー。
いざ、欧州の首都・ベルギーへ!

pic20160717_006

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その6) 経済事情

(国重とおるフェイスブックより)

ノルウェーの面積は日本とほぼ同じで、人口は日本の約4%。

医療費と教育費は原則無料!(但し、風邪程度であればなかなか診てくれない)。

この背景には、高い税負担や社会保障費もさることながら、
1960年代後半に発見した北海油田・ガス田の存在がかなり大きいです。
これでノルウェーは世界有数の石油・天然ガス輸出国に躍り出ました。

この事業収入を堅実に基金として積み立てて運用しているものの、
油田の枯渇を見据えた経済対策をどうするのか。
ノルウェーの大きな課題です。

pic20160716_006

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その5) 国会議事堂

(国重とおるフェイスブックより)

ノルウェーの国会議事堂&本会議場。

本会議場では、拍手もヤジも禁止!
座席の席順は、党ごとにではなく、地域ごとにまとまって座る。
議員定数は169人。うち4割が女性。一院制。
任期は4年で、内閣に国会の解散権はない。
選挙は、拘束名簿式の比例代表制。

pic20160716_005

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その4) 国立美術館

(国重とおるフェイスブックより)

これが、かの有名なノルウェーの世界的画家・ムンクの「叫び」。
本物です。

ノルウェーの国立美術館では、日本関連特別展も開催中。
ただ、こちらは撮影禁止。

pic20160716_004

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その3) オスロ市庁舎

(国重とおるフェイスブックより)

ここがノーベル平和賞の授与式が行われるオスロ市庁舎です。

pic20160716_003

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



ノルウェー活動記録(その2) スーパーマーケット視察

(国重とおるフェイスブックより)

ノルウェーの物価は、世界トップレベル。
消費税は、食料品が15%、その他の物品・サービス等が25%。
現金はまず使いません。
何を買うにしてもデビットカード(残高がなければ買い物ができないカード)で決済します。

pic20160716_002

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック




お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道

トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー