トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
【G20】AI原則を採択

(国重とおるフェイスブックより)

 

G20デジタル経済大臣会合では、

G20としてはじめてAIについて議論し、G20 AI原則が採択。‬

 

‪信頼性のあるデータの自由な流通、デジタルセキュリティなどを含め、調整が難航するなか、

局長ら事務方は一睡もせず完徹で各国と調整。大臣も奮闘。

最後はすべて見事にまとまりました。

皆さん、本当にお疲れ様でした。‬

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



【G20】貿易・デジタル経済大臣会合 閣僚晩餐会 カクテルパーティー

(国重とおるフェイスブックより)

G20貿易・デジタル経済大臣会合の閣僚晩餐会、カクテルパーティー。

 

晩餐会では、フランス、インド、シンガポール、タイの

デジタルスペシャリストと同じテーブルで、大いに盛り上がりました。

明日は、日本の最新デジタル技術のエクスカーション(体験型見学会)を担当します。

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



【G20】貿易・デジタル経済大臣会合に向けた ハイレベル官民ラウンドテーブル

(国重とおるフェイスブックより)

いよいよ明日から、G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合が開催。‪

人間中心のAIや、信頼性のあるデータの自由な流通、サイバーセキュリティ、

ICT活用によるSDGs達成への貢献等について議論をする予定です。‬

これに向けて、主要論点の議論を深める官民ラウンドテーブルでスピーチをしました。

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



総務省働き方改革(第2期)チーム 報告会

(国重とおるフェイスブックより)

総務省をより働きやすい、魅力ある職場にしようと、

昨年11月、「総務省 働き方改革(第2期)チーム」を発足。その顧問を務めました。

メンバーは公募で集まった20名。

第1期の課長補佐、係長級に、今回は係員級も加わり、より幅広い陣容になりました。

 

自分たちのためだけではなく、

後に続く後輩たちのことにも思いを馳せ、また大きくは国家・国民のために、

これまでの働き方をどう改革していくのか、その価値をいかに高めていくのか。

約半年間、通常業務を抱えながら、

その合間を縫って、熱心に議論をし、提言を取りまとめてくれました。

この間、先進的な取組をしている民間企業を視察したり、他省庁との意見交換もしています。

 

昨日はその報告会。事務次官をはじめ、幹部職員も勢揃い。

提言の内容も、思いのこもったプレゼンも、とても素晴らしいものでした。

メンバーの皆さん、支えてくださった皆さん、大変にお疲れ様でした。感謝、感謝です。

 

最後に、総務省をさらに働きやすい職場とするよう、

心一つに取り組んでいく決意をこめて、全員で「がんばろう三唱」。その音頭を取らせていただきました。

政務官として、しっかりとサポートしていきます。

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック

>> [外部リンク]総務省HP「大臣・副大臣・大臣政務官の動き」



国会審議で答弁

政務官として、これまで総務委員会をはじめとする様々な委員会で答弁を行ってきました。

本日は参議院総務委員会に出席。



「改正電気通信事業法」が成立

(国重とおるフェイスブックより)

 

「携帯電話料金」引下げの促進が期待される「改正電気通信事業法」が先日成立。

 

もっとも、法律が成立したからといって、

その効力がすぐに発動されるわけではありません。

 

法律で委任された詳細なルールを「省令」で定める必要があります。

これに向けての総務省の有識者会議がスタート。

施行期限は11月16日。総務大臣政務官として、しっかりと詰めていきます。

 

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



第4回デジタル変革時代のICTグローバル戦略懇談会

デジタル変革時代のICTグローバル戦略懇談会(第4回)に出席しました。



「放送コンテンツ等海外展開支援事業」事業成果報告会

(国重とおるフェイスブックより)

インバウンドの掘り起こしや地方創生に活かすため、

総務省では「放送コンテンツ」の「海外展開」を支援しています。

その成果報告会でご挨拶。

キー局だけでなく、ローカル局も趣向を凝らし、

それぞれの地域の魅力を効果的にアピール、世界に発信しています。

続きを読む



第51回世界情報社会・電気通信日のつどい

(国重とおるフェイスブックより)

「世界最古」の国際機関が「国際電気通信連合(ITU)」。

昨日5月17日は「世界情報社会・電気通信日」。

 

国際的な周波数の分配や電気通信の標準化、

途上国に対する支援などに貢献された方々を表彰する記念式典に出席。

祝辞と総務大臣賞を授与させていただきました。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック

>> [外部リンク]総務省HP「大臣・副大臣・大臣政務官の動き」



デジタル・プラットフォーマー

(国重とおるフェイスブックより)

 

これからの時代、「データ」が価値創造の源泉。

データの利用が拡がってきたことで、時価総額の世界トップ10企業は大きく変化しました。

 

10年前は、石油、製造、通信、金融が中心。

これが昨年、トップ10のうち6社がデジタルプラットフォーム企業に。

 

アメリカでは「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」、

中国では「BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)」が注目されています。

 

デジタル・プラットフォーマーは、

ネット上で多くのユーザーや企業をつなぎ、活動の「場」を提供。

データが集まれば集まるほどサービスの質を向上させ、「雪だるま式」に拡大。

 

一方で、企業がビジネス展開するために「依存」せざるを得ない面も。

このような中、規約の一方的変更で不利益が生じるなど公正な競争を阻害しているとの意見もあります。

 

EUなどでは規制のルールを整備。

日本でも昨年12月、ルール整備の「基本原則」を策定。

これに沿って、具体的検討を進めているところです。

>> [外部リンク]国重とおるフェイスブック



1 / 13012345...102030...最後 »

お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道 政務官活動

トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー