トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道
総理立ち合いの下、AYAKA基金の贈呈式に同席

「AYAKA基金」の代表を務めるBOROさんが、総理立ち合いの下、
国立精神・神経医療研究センター病院の埜中名誉院長へ募金の寄付を行い、
その場に国重も同席しました。

(以下、2018年5月24日付公明新聞より抜粋)

筋ジストロフィー症など難病の治療や研究を支援する「AYAKA基金」の代表を務める
歌手・BORO(本名=森本尚幸)さんは23日、首相官邸で、安倍晋三首相の立ち会いの下、
国立精神・神経医療研究センター病院の埜中征哉名誉院長に募金寄託を行った。
公明党の赤羽一嘉、国重徹の両衆院議員が同席した。

席上、BOROさんは難病対策の充実を訴えた。
安倍首相は「特効薬が開発されることは難病患者の励みになる」と述べながら、
対策を充実させる考えを示した。

BOROさんは、先天性筋ジス症のために9歳の短い人生を終えた少女・綾佳ちゃんとの出会いを機に、1993年から同基金を設立。募金はこれまでの累計で1200万円となった。

>> [外部リンク]公明ニュース「難病対策 充実させて」

 



トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー