ブログ

脳脊髄液減少症 患者・家族団体より要望受け

脳脊髄液減少症の患者・家族団体の方々より、要望を受けました。


---------------------------------------
(以下、2017年3月1日付公明新聞より抜粋)

【脳脊髄液減少症 周知を広く】

公明党の石田祝稔政務調査会長は28日、衆院第2議員会館で
認定NPO法人「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」(中井宏代表理事)から、
同症の患者に適切な医療が提供されるよう、
さらなる啓発への取り組みに関して要望を受けた。

中井代表理事は、公明党の取り組みで
昨年4月から同症の治療に有効な「ブラッドパッチ療法」が保険適用される一方、
医療や教育の現場で同症に関する認識が十分に浸透していない現状を指摘。
その上で、医師を対象に専門医が診断の相談に応じる体制づくりの一環として
協会が開設したウェブサイトの周知や、自治体主催のセミナー開催などを
後押しするよう求めた。

石田氏は「しっかりと取り組む」と述べた。
---------------------------------------
>> [外部リンク]公明ニュース「脳脊髄液減少症 周知を広く」

ツイッター

PAGE TOP