トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー
お知らせ ニュース メディア出演 動画 国会質疑 報道
若者が元気な社会に-ジョブカフェを視察-

8月10日(金)若者の就職支援を行っている「JOBカフェOSAKA」「若者サポートステーション」を訪問し、関係者の方々と意見交換を行いました。若者が元気に働ける社会をつくるため取り組んでいきます。(以下、公明新聞8月11日付より転載)

公明党の国重とおる青年局次長(次期衆院選予定候補=大阪5区)は10日、大阪府の「JOBカフェOSAKA」と「若者サポートステーション」(ともに大阪市中央区)を訪れ、関係者と意見交換した。加治木一彦府議が同行した。

ジョブカフェは15~34歳を対象に就職を支援し、開設から8年で約4万6千人を就職に導いている。応対した中岡照夫・府人材育成課長らは「求職者と企業側のミスマッチをなくすため、詳しい情報の提供が重要」と今後の課題を挙げた。

サポートステーションは、働くことに不安を持つ15~30歳代の無業者の職業的自立を支援。山口宗久・府雇用対策課長は「いきなりフルタイムで働くのではなく、週2日程度から少しずつステップアップできる支援の仕組みが必要」と話した。

視察を終えた国重氏は、「職業体験の充実や雇用のミスマッチ解消など支援策を強化し、若者が元気に働ける社会をつくっていく」と抱負を述べた。

 



トップページ プロフィール ニュース 国重チャンネル 事務所のご案内 ヒストリー